コンセントの数と位置で暮らしやすさが変わる!【我が家の失敗も公開】

設備のこと

こんにちは。建築士ママブロガーのひだまりです。

いままで自宅や賃貸などで、

うぅ〜ここに電気のコンセントがあれば便利なのに
もっとコンセントの位置が高ければコードが邪魔にならなくていいのに
掃除機のコンセントを差し替えるたびにしゃがむのは大変だ

なんて思ったことは何度かありませんか。

コンセントってとても地味な感じがしますがコンセントは、生活のちょっとしたストレスに大きな影響を与えているのです。

新築やリフォームを計画中、間取りや外観など何度も打ち合わせを重ねますよね。

家事動線を考えたり、寝室や子供部屋の向きや広さなど…

間取りが決まると電気配線図といって、平面図にコンセントや、照明器具が書きこまれた図面をもらいます。

プロの設計士さんがかいたものだからと安心しているかもしれません。

でも、その電気配線図をしっかり見てください

その電気図面は、設計士さんがここにコンセントがあれば使いやすいだろうと思って配置したり、

この部屋はコンセント2箇所!と標準的な数によって配置されていることがおおいのです。

でも、そこで住むのはあなたです。あなたの生活スタイルに合うコンセントになっていますか?

実際に図面を見ながら自分たちの生活を妄想しよう

玄関

クリスマスツリーや水槽などを置きたいと思っていませんか?

掃除機もかけやすい位置がいいですね。

シューズクロークなどを設ける場合、玄関に除湿機もおく予定はないですか?

リビング

ここはなにかとコンセントが必要ですよね。

大型のソファやテーブルなどの家具もあるので配置も考慮しましょう。

また、模様替えで家具の位置が変わることもあるので、位置が変わっても、使えるようにおおめにコンセントを配置している方がいいです。

テレビ、DVD、ゲーム、パソコン、スマホやタブレットの充電、扇風機、こたつ、電気カーペット、空気清浄機、アイロン、カメラの充電、エアコンなどですかね?

一年中使うわけではないけど、季節ごとに出す予定の家電製品を置く位置も考えてコンセントを計画しておくと、生活動線の邪魔にならず快適に過ごせます。

キッチン

キッチンは電気の容量の大きい電気製品が多いですよね。

冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器、ポット、コーヒーメーカー、オーブントースター、ホットプレート、食器洗い乾燥機、IHクッキングヒーター、ハンドブレンダーなど

消費電力の大きい家電製品を同時に使うことがあるなら専用コンセントにしておくのが安心ですね。

ひだまり
私の友達は夫婦共働きで冷蔵庫2台使っている人もいます。
消費電力が大きいものや、200Vの機器には、専用コンセントが必要になってきます。

例えば、エアコン、IHクッキングヒーター、食器洗い乾燥機、電子レンジ、ウォッシュレット、冷蔵庫など。

専用コンセントとは、分電盤の子ブレーカーからコンセントまで分岐せず配線されたものです。
つまり1つの電気製品を専用のコンセントにすることです。こうすることで、ブレーカーが落ちる心配や、消費電力の大きい家電製品を同時に使うことによる配線への負担で発火などの危険が減ります。
大きい消費電力の家電製品や置き場所のきまっているものは専用コンセントがおすすめです。

洗面所

TOTOやパナソニックなど住設メーカーの洗面化粧台を設置する場合は、鏡などにコンセントがついていることがあります。

洗面所では髭剃りや電動歯ブラシを愛用の方はその充電もしたいですよね。

トイレ

ウオッシュレットにもコンセントが必要です。

寝室やこども部屋

こちらもベッドや机など大きな家具が入りますよね。コンセントが家具で潰されてしまってはせっかくのコンセントが使えません。

また学習机の上に置くスタンドなどは、机の上(床から80cm)にコンセントがあったほうが便利ですね。

庭・外構

外部の外周りコンセントも計画しておきましょう。車に掃除機をかけたり、高圧洗浄機をかけたり、外に照明が必要なときなどコンセントがあればすぐに間に合います。

ひだまり家はこんなところにコンセントを配置しました

収納の中:ルンバやコードレス掃除機の充電中も扉を閉めればすっきり

本棚の棚の上:カメラを置く場所と同じ高さでカメラの充電が可能

寝室のカウンターの上:携帯の充電と、時計を置いています。

キッチン近くには2口コンセントを3箇所設置

カーポートにも外でバーベキュをする時にライトがつくようコンセントを設けました。

テレビ周りのコンセント

ここは計画失敗しました。

失敗原因

  • 息子のゲーム機の存在を忘れていた。さらにゲーム機が増えてコンセントが足りない。
  • リビングが広くなったことでテレビの音をスピーカーを通して聴きたいという主人の要望がでた。

まとめ

コンセントは家を計画中にはとても地味な存在ですが、家電製品に囲まれた生活をしている現在、生活にはとても大切です。

ほしいところにないのは不便さを感じます。

取り付け位置も打ち合わせ段階でしておくことで、掃除機の抜き差しが楽になったり、充電などで床に物を置かなくていい気持ちの良い生活ができます。

普通のコンセントを1つ追加するのに費用は数千円ですむと思いますので、迷ったら多めに設置をしてはいかがでしょうか。(専用コンセントは金額が上がります)